レンタカーの上手な使い方

排ガス規制がかかっている都市に配送先がある場合:

持っているのは進入できない古いトラック。
でも、排ガス規制をクリアしている新しいトラックを借りれば問題解決!

取引先、新規開拓先が自動車メーカーのグループ社の場合:

他メーカーの車では訪問しづらい。
そんな時もレンタカーなら大丈夫!
訪問先にあわせて車種を変えて営業できます。

これからマイカーの購入を考えている場合:

豊富な車種の中からあれこれ選んで試乗すれば乗り心地が比較できます。
新車購入後に『しまった』と後悔しなくて済みます。
(購入予定のディーラーで「一度乗ってみたいのでレンタカーを借りてほしい。」と言えば安く借りられるかも知れません。)

グループで行動する場合:

例えば2,3台の普通乗用車で行く場合と1台のワゴンを借りた場合を比較してみて下さい。
高速代、燃料代は1台分で済み、しかも地球環境にもやさしい!
車内ではおしゃべりが弾み、疲れたら運転交代もできます。
(ただし、事前の申し出が必要です。)
みんなで行動するから、はぐれる心配も無く、思いつくまま寄り道も可能。
後ろを気にしながらの運転や追いつこうとして信号無視など無理な運転などをしなくて済みます。

レンタカーを長期で使いたい:

月単位でのご利用にマンスリー料金、各社には週単位や年間契約などお得な料金を設定している場合がありますので各社にお確かめ下さい。